九州・佐賀の地で水草を追求していくブログ。


by ANI_1124

タグ:AQUAGOODS ( 6 ) タグの人気記事

すぐそこまで

先日ある方のご厚意でこんなものをいただいてました。
a0183301_01476.jpg

プロシザースヌードとメタルジェットパイプです。
本当に感謝感謝です。大切に使わせていただきます。

屋外の水草がかなり勢い付いてきました。

ロタラ、ルドウィジアの茂み
a0183301_052776.jpg

新芽を出し始めたミリオフィラムガイアナドワーフ
a0183301_064584.jpg

水中でも
a0183301_07483.jpg

枝がたってますが、ビオトープで自然発生したヤゴが数十匹こちらに移動しているためです。

セイロンロタラの花
a0183301_083054.jpg

長年の水上栽培により完全陸上化したニードルリーフルドウィジア
a0183301_0151056.jpg


暑い夏はもうすぐそこまで来ています。

次はトリミングが待っている~
a0183301_0182415.jpg


↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
もっさもっさ。
[PR]
by ANI_1124 | 2011-05-18 00:19

2度目の更新

本日2度目の更新。極めて異例なことです。

ミクロソリウムセミナローのボリュームが増えてきました。
これらは数年前に購入した1ポット分から増えたものの一部です。良く増えます。
a0183301_12441739.jpg

セミナローは普通のプテロプスと違って大型化することはありません。
東南アジアよりコンスタントに入荷してます。

有茎草もボリューム満点
ロタラsp.福建省
a0183301_0163858.jpg

グリーンロタラ
a0183301_017698.jpg

RRメキシカーナ
a0183301_0172245.jpg


グリーンロタラとRRメキシカーナの違いが分かりませんね。
ECA入れてるとRRメキシカーナはきれいに黄色味が出てくるのですが、ここ最近何かと忙しくて液肥の添加が出来てません。。。

全景
a0183301_019552.jpg

多種多様な有茎草を使ったレイアウトも好きですが、ロトンジ系でまとめるのもいいですな。手間もかからないし。

第一水槽の左サイドの有茎草もそろそろ刈り時。
a0183301_02149.jpg


ボルビも古くなった葉が溜まっていたので少しトリミング。モスもバッサリしたので汚い根元が丸見えですね。
a0183301_021531.jpg

後ろのM.sp.フォークリーフ。
ほんだしさんから頂いたんですが、結構気に入ってます。

ラスト
a0183301_0235423.jpg

リリィパイプの一件(以前のブログの最後の方の記事を参照願います)でホース清掃ブラシが破損しましたので購入してきました。

↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
もうリリィパイプ掃除には使いません。
[PR]
by ANI_1124 | 2011-05-06 00:27

Beソフトの継続レポート

Beソフトの継続レポートです。

2月2日のメイン水槽です。
a0183301_1755293.jpg

水草の成長も遅く、右奥のロタラsp.イサーンには白化が見られます。

2月6日、Beソフトを購入し、換水時に添加しました。
液肥はグリーンブライティステップ③を3プッシュ、グリーンゲイン数滴、ECA数滴のみです。
ブライティKの添加を控えています。

昨日のメイン水槽です。
a0183301_1854836.jpg

これだけ見てもいまいち分かりませんね。
各水草の様子です。

ロタラナンシアン&RRメキシカーナ
a0183301_1811596.jpg

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフ
a0183301_1812333.jpg

ロタラsp.イサーン
a0183301_18131028.jpg

セイロンロタラ
a0183301_18134674.jpg

インレーロタラ
a0183301_18175218.jpg


ナンシアンは生育良好、イサーンは色が薄いものの生育に問題ありません。セイロンロタラも色が薄くて成長がゆったりしているものの、萎縮は見られません。
インレーロタラが一番成長が早く、早いもので水面に到達してます。

pHは6.8を示しています。
a0183301_17594113.jpg

ちなみに、容器を振ると・・・
a0183301_182044100.jpg

pHが7.5程度に上昇しました。

水替え直後のpHがしっかり保たれている印象です。
今後はブライティKを添加して様子を見てみます。ブライティKがと効果が帳消しになるような気もしますが・・・。


↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
写真多くてすみません。
[PR]
by ANI_1124 | 2011-02-14 18:27
本日、とある店での一場面です。

客「魚を買っても買ってもすぐに死んでしまうんです。」
店員「どんな魚ですか?」
客「60cm水槽でネットショップで買った国産グッピーを4ペア。国産は飼い易いと聞いたので・・・。」
店員「水合わせはきちんとされましたか?」
客「えっ?水合わせって何ですか??」
店員「あ、じゃそれが原因ですね。どんな魚でも急に環境が変わると体調を崩してしまうんですよ。水合わせというのは・・・(略)」
客「分かりました。これからはきちんと水あわせします。あと、辛うじて生き残っているグッピーもじっとしてて餌を食べないんです。冬になったから冬眠してるのかどうかは分からないですけど・・・。」
店員「ヒーターは使ってますか?」
客「え?国産の魚なのにヒーターが必要なんですか。日本国産のグッピーならヒーターなくても大丈夫だと思ってたのに・・・。60cm水槽にはどのヒーターを使えばいいでしょうか・・・。」
店員「国産グッピーは国内で養殖されたグッピーのことで、日本原産という意味ではないですね。60cm水槽であれば150wのヒーターを使ってください。・・・(略)」


やっぱり、何の予備知識もなしでネットショップで衝動買いするとこうなりますよね。
生き物を飼育する前の情報収集が如何に大切かを痛感させられる場面でした。

長い前置きからも分かるとおり、今日も用事のついでに観賞魚コーナー(ホムセンです)を覗き、サイアミーズとナンシアンを購入。また購入ネタだ・・・。

まずサイアミ
a0183301_1502747.jpg

サイアミーズフライングフォックスです。意外にも、この魚はそれほど流通量が多くありません。私がアクアを始めたときは専門書でも紹介されておらず店でも全く売っていませんでした。ポピュラー種になってからまだ5,6年くらいしかたってないような気もしますが・・・。


こいつはなかなかひねくれもので数種類の偽者が「サイアミーズフライングフォックス」の名で売られているんですね。

一つ目の偽者は、縦じまが尾びれの手前ですとんと切れて、体が黄色っぽいもの。こちらは単にフライングフォックスと呼ばれることもあります。サイアミが大型化してもある程度はコケを食べるのに対して、本種は大きくなると急にコケを食べなくなります。偽者というよりは混同されてる感じですかね。

二つ目の偽者は、通称「ガラ」と呼ばれる全く別種のものです。数タイプいるようです。こちらも大きくなるとコケには見向きもしません。幼魚のときから全く食べないものもいるようです。

三つ目の偽者は「アルジイーター」と呼ばれる魚です。最近はサイアミに押されてきた感がありますが、アルジイーターとして売られている魚です。が、養殖場で混じったのか、サイアミの販売水槽で泳いでいるのをよく見かけます。アルジイーターは口が吸盤状になっているので、見分けるのは容易です。本種はサイアミよりもずっとでかくなるので、水槽には入れたくない魚です。本種も大きくなるとコケを全く食べない上に、他の魚に悪さをするので、飼育はもうこりごりですね。


あと、メインのロタラナンシアンの領域を広げるために、新たにロタラナンシアンも購入。
珍しく成長点がいじけていませんでした。
a0183301_1524987.jpg

念のため、下部の先端を切り落とし、100倍希釈したメネデール溶液に浸しておきました。
a0183301_1545021.jpg

メネデール、久しぶりに使うな~

メイン水槽も魚1種だけ追加したいな~
レッドファントムとかいいよな。どんなレイアウトにもあうし。
というわけで明日物色してきます。

↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
今日はやけに文が長かったね。。
[PR]
by ANI_1124 | 2011-02-13 01:59

しばらく様子を

コメントレスが遅れております。大変申し訳ありません。
本日中にはすべて行いたいと思っております。

まず、前回の続きのトラブルについて。
いや~やらかしてしまいました。

ミドボンのガス残量がもう4分の1になってます。
a0183301_185210100.jpg


設置当初はガス漏れがないことを確認しましたが、約3週間前に思い当たる出来事が・・・
通りで息が苦しいと思ったよね。CO2の分子量は44で、空気の平均分子量28.8よりかなり重いため、CO2ガスは下にたまり、ドアの開け閉め等で自然に拡散していきます。

書くと長くなるので出来事の詳細は書きませんけど、きちんと漏れがないか確認することは大切ですね。

+++

先日予告したように、Be-softを使用してみました。
a0183301_1923677.jpg


添加前(換水時に使用する水道水)
a0183301_19124579.jpg

pHは7より高い値を示しています。(試薬=BTB溶液)

添加後
a0183301_19134982.jpg

PHは6.0付近を示しています。
うちの水道水は緩衝性が低いようで、一度の添加でpHが低下しました。

水槽水(添加数時間後)
a0183301_19145476.jpg

pHは6.6程度に落ち着きました。

H20+CO2⇔H2CO3(炭酸)⇔H+(水素イオン) + HCO3-(炭酸水素イオン)⇔2H+ + CO3-

添加の効果としては、水草の気泡が増えました。

pHを下げるということは酸(H+)が加えられたということですので、H+が減る方向に平衡が移動(ルシャトリエの原理)し、結果として水中のCO2が増えた状態で平衡に達したということですかね。

萎縮していたロタラナンシアンもテトラクリプトの追加で脇芽が元気に成長してきました。
a0183301_19293490.jpg

本種も低硬度の方が調子が上がります。

換水時はBe-softを添加してしばらく様子を見たいと思います。

↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
ナンシアンは意外と気難しいんですよ。。
[PR]
by ANI_1124 | 2011-02-09 20:01

今年最後の記事

2010年も終わりに差し掛かっていますね。
本来ならまず今年のまとめを記すべきですが、今年のネタは今年のうちに放出してしまいましょう。
3つ紹介。

まずは・・・
a0183301_0363682.jpg

昨日、ミドボンからのガス供給を開始しました。
ガス漏れもなく、きちんと水槽にCO2ガスを供給できてます。
水槽のある部屋で寝てるもんだから、もしガス漏れがあったならば、今頃私はCO2中毒になってます。
a0183301_0385022.jpg

スピコンはADAで言うスピードコントローラーG。
ネジが回しやすいのが助かります。

小型ボンベ用レギュ+アダプタなので、ボンベが空になった場合は小型ボンベに切り替え、その間に大型ボンベの充填(交換)を依頼することができます。

+++

続いてエビ水槽
a0183301_047336.jpg

怒涛の抱卵&稚エビラッシュで、生まれたばかりの稚エビがうじゃうじゃおります。
下手に手を入れてもダメだが、かといって完全放置プレイもダメ。
この辺がエビの難しいところですよね。絶妙なバランスを見つけるのにかなり苦労します。
a0183301_04552100.jpg

小さくてエビにピントが合っていませんが、4mmくらいの稚エビが数十匹確認できます。

うちではあることに気を遣って飼育をしていますが、どうやらそれが功を奏したようです。

+++

3つ目はこちらの水槽

なんとなんと、この時期にシダ病が発症。
原因は葉の混みすぎによるもの。シダ病=夏というイメージがありますが、葉が混みすぎているといつでも発症の危険性はあります。

手っ取り早い対策法として、シダ病の葉をすべてカットし、葉をスカスカに。

Before(作業前に写真を撮り忘れたので、2週間前の葉が混んだ状態のものを)
a0183301_0584155.jpg

After
a0183301_121225.jpg

背景の有茎草は順調。ECAを入れていなかったので、赤があまり出てませんが。写真で見れば分からないか。
a0183301_175369.jpg

デカネンシスは順調すぎます。隣のワリッキーをすでに半分飲みこんでいます。
a0183301_1102015.jpg


+++

これで今年最後の記事になりますので、2010年のまとめを簡単に。
昨年(09年)は、初めてのブログ、初めてのデジイチ、初めてのオフ会、初めての関東遠征などと結構「初めて」が多かったので、ある意味新鮮な年でしたが、今年はアクアの面はこれといった進歩がなく、ごく普通の年でした。

それでも、10月の福岡オフ会だけは、大盛況に終わり、私の中にも宝物として残っています。

こんな私ですが、皆様ありがとうございました。良いお年をお迎えください。


↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
皆様に感謝感謝です。
[PR]
by ANI_1124 | 2010-12-31 01:27