九州・佐賀の地で水草を追求していくブログ。


by ANI_1124

ミナミヌマエビ

夕方に一度UPした記事ですが、急いで記事を書いたので文脈がおかしいところがかなりあったので改訂版として再UPしました。追記部分は赤で示しています。

先週、佐賀県某所にある純血ミナミヌマエビの生息している河川に採取に行ってきました。
*生息場所についての問い合わせには一切応じません。ご了承ください。

ミナミヌマエビというと、名前の通り、南日本(静岡県の富士川あたりが分布の北限だったと思います。)に生息するヌマエビの仲間です。
a0183301_18153822.jpg

写真が悪くて申し訳あれませんが、よく見ると額角が確認できます。
今回採集したものは額角が著しく長く、ミナミヌマエビの特徴がはっきり出ています。

30分くらい網でガサガサしたら、30匹ほど採取できました。
a0183301_17593546.jpg

これまたちょっと写真が悪いですね。
今の時期は成熟した雌が多く、若い個体はほとんど見受けられないのが残念。

今回は流れのある河川で採集したので、水槽に入れるにあたって以下の行程が必要になります。
①流水から止水に慣れさせる。
②水質をあわせる。
③温度をあわせる。

川からとってきて、普通に温度合わせだけをして水槽に投入しても、高確率でエビは死んでしまいます。環境変化によるショック死です。

安全に導入するために、私が行っている方法です。

①川の水は別容器に十分に持ち帰り、エビを入れたまま水を換えながら2日間ほどおいておく。
この時、酸欠防止のためマツモを数本浮かべておきます。エアレーションはNO!です。
②2日間置いておくと、ある程度止水に慣れるようです。ここから点滴法による水合わせを行います。バケツが一杯になったら水を減らすということを約2~5日間の間繰り返します。マツモは浮かべたままで、エアレーションはNO!です(*)。(pHの違いにより日数は調節してください。水が入れ替わるのでアンモニアの蓄積は心配ありません。)
③水質あわせが終了したら、後は普通に温度合わせをして水槽に投入します。

(*)エアレーションは急激にpHを上げ、アンモニアが増加します。

この行程を行えば、大抵の場合はうまく導入できますが、それでも死んでしまう場合もあります。がその時は諦めてください。あまりにも環境が違いすぎる場合はどのような手を施しても同じ結果になるようです。

温度合わせ中。
a0183301_18163716.jpg

a0183301_1816586.jpg

長い水合わせの間に抱卵したものも・・・。

ただ、うちの水槽は酸性度が高く中々累代繁殖してくれません。
大磯とかだったら大爆殖するんですけどね。

↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
去年もこの時期に採取に行った気がする。
[PR]
by ANI_1124 | 2011-04-27 23:32

全く一緒

桜の季節ですね。
こちらでは今丁度見ごろを迎えています。
a0183301_115277.jpg

a0183301_1161843.jpg

すでに散り始めている木やまだつぼみの多い木もありますが、ほとんどの木が満開となっています。

+++

さて、今日はこの写真に写っているものからあるものを採取しました。さてそれは何でしょう?
a0183301_12177.jpg

勘の鋭い方はすぐおわかりかもしれませんが・・・

はい、さっさと答えを言いますね。
a0183301_122567.jpg

シュロ(和棕櫚)の樹皮です。母親の実家の裏庭にて採取しました。
正確にはワジュロという種類なんですが、九州ですと、あちらこちらに生えていて、普通に見られる木ですね。
ちなみに棕櫚の皮は剥いでも枯れることはありません。

ご存知の方も多いでしょうが、ADAからも全く同じ製品がラインナップされていました(現在はカタログに載っていないので廃盤と思われます)。
a0183301_133374.jpg

ADAから発売されていたものと今回採取したものを見比べてみました。
a0183301_1511637.jpg

全く一緒。何も変わらない。

棕櫚の皮をろ材の一番底に敷いておくと、結構いい仕事してくれます。あと、pHも上手い具合に下がるようです。

↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
産卵床にも使えますね。
[PR]
by ANI_1124 | 2011-04-03 03:50