九州・佐賀の地で水草を追求していくブログ。


by ANI_1124

ミナミヌマエビ

夕方に一度UPした記事ですが、急いで記事を書いたので文脈がおかしいところがかなりあったので改訂版として再UPしました。追記部分は赤で示しています。

先週、佐賀県某所にある純血ミナミヌマエビの生息している河川に採取に行ってきました。
*生息場所についての問い合わせには一切応じません。ご了承ください。

ミナミヌマエビというと、名前の通り、南日本(静岡県の富士川あたりが分布の北限だったと思います。)に生息するヌマエビの仲間です。
a0183301_18153822.jpg

写真が悪くて申し訳あれませんが、よく見ると額角が確認できます。
今回採集したものは額角が著しく長く、ミナミヌマエビの特徴がはっきり出ています。

30分くらい網でガサガサしたら、30匹ほど採取できました。
a0183301_17593546.jpg

これまたちょっと写真が悪いですね。
今の時期は成熟した雌が多く、若い個体はほとんど見受けられないのが残念。

今回は流れのある河川で採集したので、水槽に入れるにあたって以下の行程が必要になります。
①流水から止水に慣れさせる。
②水質をあわせる。
③温度をあわせる。

川からとってきて、普通に温度合わせだけをして水槽に投入しても、高確率でエビは死んでしまいます。環境変化によるショック死です。

安全に導入するために、私が行っている方法です。

①川の水は別容器に十分に持ち帰り、エビを入れたまま水を換えながら2日間ほどおいておく。
この時、酸欠防止のためマツモを数本浮かべておきます。エアレーションはNO!です。
②2日間置いておくと、ある程度止水に慣れるようです。ここから点滴法による水合わせを行います。バケツが一杯になったら水を減らすということを約2~5日間の間繰り返します。マツモは浮かべたままで、エアレーションはNO!です(*)。(pHの違いにより日数は調節してください。水が入れ替わるのでアンモニアの蓄積は心配ありません。)
③水質あわせが終了したら、後は普通に温度合わせをして水槽に投入します。

(*)エアレーションは急激にpHを上げ、アンモニアが増加します。

この行程を行えば、大抵の場合はうまく導入できますが、それでも死んでしまう場合もあります。がその時は諦めてください。あまりにも環境が違いすぎる場合はどのような手を施しても同じ結果になるようです。

温度合わせ中。
a0183301_18163716.jpg

a0183301_1816586.jpg

長い水合わせの間に抱卵したものも・・・。

ただ、うちの水槽は酸性度が高く中々累代繁殖してくれません。
大磯とかだったら大爆殖するんですけどね。

↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
去年もこの時期に採取に行った気がする。
[PR]
# by ANI_1124 | 2011-04-27 23:32

白点病収束

屋外のロタラは今花盛りです。
a0183301_1642227.jpg

こちらは昨年から越冬したもので、葉が完全に枯れて根元しか残っていない状態から見事にここまで復活しました。

いくつか植えつけを行っていますので、追々紹介します。

先日投薬したヒコサンZですが(写真使い回しですみません)白点病収束までの経過をまとめておきます。
a0183301_1693990.jpg


第1日目
ヒコサンZを規定量投入。
第2日目
翌朝には水槽水は透明に。案の定、シリコンチューブは青色に染色される。
第3日目
白点は大分少なくなっている。説明書通り、飼育水を3分の1交換し、さらに規定量投入。
第5日目
白点はほとんど見受けられなくなりました。新たに投薬はせずこのまま様子を見ることにする。
第7日目
白点は見受けられない。

おととし白点病が出たときは唐辛子を使ってえらい目に遭いましたが(効き目が強すぎ、ろ過バクテリアに多大なダメージを与えてしまった)、マラカイトグリーンは安全に白点病に効いてくれました。
a0183301_16165785.jpg

ただ、シリコンチューブは染色されるので、気になる方は投薬中はシリコンチューブを水槽外に出してください。水槽の接着に使われるシリコンとシリコン製の吸盤は今回は染色されませんでした。

早期発見したので何とか1週間で白点病が収束しました。
ただ、白点病の状態などにより、必ずしも1週間で収束するわけではないと思うので、その点はご承知の上で今回の記事は参考にされてください。

↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
魚は元気が一番。
[PR]
# by ANI_1124 | 2011-04-24 16:33

展開し始めています。

初めてキューバパールグラスを植栽して1週間とちょっと。
植栽直後と比べてみましょう。

植栽直後
a0183301_026137.jpg

本日
a0183301_028741.jpg

アングルが若干違うので分かりにくいですが早速展開し始めてます。

キューバパールグラスは有茎草である、という点にしっかり着目して育成しています。
さぁこれから無事にじゅうたんになるのか失敗するのか・・・。


↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
どうなるか。。
[PR]
# by ANI_1124 | 2011-04-22 00:46

ばっさり

後景の有茎草が伸びすぎていたので、リメイク後初めてばっさりトリミング。
水景の運命が決まる第一回目のトリミングです。

トリミング前
a0183301_2151988.jpg

蛍光灯を交換してからものすごい勢いで育ってます。
左より、グリーンロタラ、ロタラsp福建省、RRメキシカーナです。
これらは成長速度が同じなので1種ごとのトリミングラインの調整をせず、同一ライン上でばっさりカットします。

トリミング後
a0183301_226086.jpg

今回は最初から十分な密度で植栽したので、あまり低い位置でのカットはしてません。
反対にレイコンを意識している場合に植栽密度が低密度の場合は第一回目のトリミングでかなり低く刈り込まないと、追い込みが効かないことがあります。
長期維持のため十分にトリミングができるように位置は調整しています。あまり高くトリミングすると長期維持ができなくなります。

この水景ではよく似たグリーンロタラとRRメキシカーナを使っていますが、RRメキシカーナはしっかり液肥を添加すると黄色味の強い葉となりますので、液肥の添加を怠らないようにしたいところです。液肥の添加をサボるとグリーンロタラとほぼ見分けがつかなくなります。

トリミング後の私の施肥を紹介。
トリミング後脇芽が出るまで(約1週間)は毎日ブライティK3プッシュとグリーンゲイン3滴、脇芽が展開したあとはグリーンゲインをECAに変えて維持しています。
ADAのグリーンゲインとECAは有茎草レイアウトには必須の添加液かもしれません。数ある液肥の中で一番効果を実感してます。

↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
ブログネタが不足中。
[PR]
# by ANI_1124 | 2011-04-19 03:00

ヒコサンZ

メイン水槽に初期の白点病が出ているので、マラカイトグリーン溶液であるヒコサンZで治療をします。
a0183301_105578.jpg

一昨年白点病が出たとき大分探し回っても見つからなくて往生しましたが、ホームセンターの一角にあるペットコーナーで見つけたので一安心。

成分表示
a0183301_182795.jpg

マラカイトグリーンのみで、水草に影響のある塩分等は一切入っていません。


マラカイトグリーンは光で分解されるので、消灯前に規定量を添加しました。
a0183301_1135512.jpg

シリコンチューブとかは多少青く染色されるでしょうね。

まぁ何とか早期発見できたので、すぐに回復してくれることでしょう。


↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
白点病よさらば!
[PR]
# by ANI_1124 | 2011-04-18 01:20