九州・佐賀の地で水草を追求していくブログ。


by ANI_1124

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

屋外ファームの整備

今日の夕方、秋より放置状態だった屋外ファームの整備を行いました。
九州では大分暖かくなってきましたので、そろそろ水草の植えつけを行っても問題はありません。

毎年恒例の土の入れ替えから始めます。
昨年から大幅にケースの数を増やしたので、作業が大変でした。

PM5時、作業開始です。
a0183301_18341439.jpg

ケースを動かすと、その下は、ミミズ、ナメクジ、コウガイビルのオンパレード。
ミミズやナメクジも居て当然、餌となるミミズやナメクジが居るのだからコウガイビルも居て当然。
こんなのにいちいちビビッてたら作業はいつまでたっても進みません。

昨年は猛暑に続き、とても寒い冬だったので、残念ながらロストしてしまった水草が少なからずあります。
ただ、ロタラ、ルドウィジア、アマゾンチドメなどは強く、すでに新芽が芽吹いていました。

庭の雑草と化したニードルリーフルドウィジア。
a0183301_18394041.jpg

きれいに紅葉してます。

このような状態になっているものがほとんどで、葉は完全に枯れています。
a0183301_18403073.jpg

しかし、根元が生きていますので、枯れ葉をきれいに取り除きます。
レイアウト水槽内に使用していない水草が植わっているケースは土を入れ替えずに枯葉だけを取り除きました。

土を取り出した後。
a0183301_18431828.jpg

これを見ると、隅々まで水草が根を張っているのが分かります。


この後、土を入れ替えて、水を張り、すべての作業が終わったのがPM6:30でした。
a0183301_18453866.jpg

古い45cm水槽も空にして、沈水植物や淡水産二枚貝のストック用となる予定です。

約2年間稼働してくれたビオも後日撤去です。
a0183301_18465025.jpg

こちらは二枚貝やミナミヌマエビの稚エビがたくさん入ってますので、もう少し暖かくなるのを待って作業に取り掛かります。


次回のトリミングで余った切れ端を早速植えつけたいと思います。
今年も効率よく水草を量産できるといいのですが・・・


↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
管理次第かな。。
[PR]
by ANI_1124 | 2011-02-26 19:03

新入り

本日、ショップから新入りの魚を連れてきました。

レッドファントムテトラWILD(7匹)
a0183301_18382716.jpg

養殖物は薄いオレンジ色ですが、WILD物の場合は赤色をしています。
ルブラ=WILDではないので注意。安い養殖物でもルブラと付したものがあります。

これで、メイン水槽がよりにぎやかになりました。
全住人の紹介です。

ブラックファントムテトラ(7匹)
a0183301_18561651.jpg

写真は雌です。雌の場合は鰭のみ黒くなり、脂鰭がオレンジ色に染まります。
雌はむしろ赤いですね。
イエローファントムテトラ(4匹)
a0183301_18584382.jpg

ロージィテトラ(7匹)
a0183301_1905176.jpg


N.ベックフォルディ(2匹)
a0183301_19293.jpg


個体数も記しておきました。
照明点灯時に数を確認するのが日課になってます。

ハイフェソブリコン属は私が一番好きな熱帯魚のグループです。
数種を泳がせるとほんときれいですね。


最近ネタにしていなかった第2水槽は、黄ばみが出てきました。
a0183301_196621.jpg

写真はありませんが、少しアオミドロが発生してしまいました。。

とりあえず、活性炭を購入しておきました。
a0183301_1973731.jpg

活性炭の交換と換水量を増やして様子を見てみます。


↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
早めの対策でコケを撲滅!
[PR]
by ANI_1124 | 2011-02-21 19:15

少し分かった気が

最近ネタにしてなかったレッドビー水槽。
年末に抱卵ラッシュを迎えておりましたが、現在はわんさか稚エビが泳いでます。

葉の細かいモス類やキクモを中心に植えていますが、それがいい稚エビの隠れ家になっているようです。

餌を1個入れると・・・
a0183301_18484812.jpg

すぐにそばのエビが集まりだし・・・
a0183301_18494734.jpg

ものの数分でエビ団子に。

レッドビーの飼育期間はまだ1年半ですが、繁殖のコツが少し分かった気がします。

我が家の飼育環境
照明:20w×2本
ろ過装置:上部式フィルター
底床:アクアソイルアマゾニア
換水:こまめな足し水のみ
餌:ADAのシュリンプフード
その他:灰汁抜きをしていない流木を入れています。

その他水槽

ミニ水槽
a0183301_18564918.jpg

My.エラチノイデスをはじめ、いくつかの水草が水面に到達しました。

メイン水槽
a0183301_18582015.jpg

ロタラsp.イサーンが調子を上げてきてます。

+++

長らく放置状態になっている60cm水槽で作るネイチャーアクアリウムの写真の追加、入れ替え等を明日行うつもりです。
ただ、長文を入力する時間がありませんので、コンテンツの充実は今しばらくお待ちください。

↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
エビは十分増えたかな。
[PR]
by ANI_1124 | 2011-02-16 19:00

Beソフトの継続レポート

Beソフトの継続レポートです。

2月2日のメイン水槽です。
a0183301_1755293.jpg

水草の成長も遅く、右奥のロタラsp.イサーンには白化が見られます。

2月6日、Beソフトを購入し、換水時に添加しました。
液肥はグリーンブライティステップ③を3プッシュ、グリーンゲイン数滴、ECA数滴のみです。
ブライティKの添加を控えています。

昨日のメイン水槽です。
a0183301_1854836.jpg

これだけ見てもいまいち分かりませんね。
各水草の様子です。

ロタラナンシアン&RRメキシカーナ
a0183301_1811596.jpg

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフ
a0183301_1812333.jpg

ロタラsp.イサーン
a0183301_18131028.jpg

セイロンロタラ
a0183301_18134674.jpg

インレーロタラ
a0183301_18175218.jpg


ナンシアンは生育良好、イサーンは色が薄いものの生育に問題ありません。セイロンロタラも色が薄くて成長がゆったりしているものの、萎縮は見られません。
インレーロタラが一番成長が早く、早いもので水面に到達してます。

pHは6.8を示しています。
a0183301_17594113.jpg

ちなみに、容器を振ると・・・
a0183301_182044100.jpg

pHが7.5程度に上昇しました。

水替え直後のpHがしっかり保たれている印象です。
今後はブライティKを添加して様子を見てみます。ブライティKがと効果が帳消しになるような気もしますが・・・。


↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
写真多くてすみません。
[PR]
by ANI_1124 | 2011-02-14 18:27
本日、とある店での一場面です。

客「魚を買っても買ってもすぐに死んでしまうんです。」
店員「どんな魚ですか?」
客「60cm水槽でネットショップで買った国産グッピーを4ペア。国産は飼い易いと聞いたので・・・。」
店員「水合わせはきちんとされましたか?」
客「えっ?水合わせって何ですか??」
店員「あ、じゃそれが原因ですね。どんな魚でも急に環境が変わると体調を崩してしまうんですよ。水合わせというのは・・・(略)」
客「分かりました。これからはきちんと水あわせします。あと、辛うじて生き残っているグッピーもじっとしてて餌を食べないんです。冬になったから冬眠してるのかどうかは分からないですけど・・・。」
店員「ヒーターは使ってますか?」
客「え?国産の魚なのにヒーターが必要なんですか。日本国産のグッピーならヒーターなくても大丈夫だと思ってたのに・・・。60cm水槽にはどのヒーターを使えばいいでしょうか・・・。」
店員「国産グッピーは国内で養殖されたグッピーのことで、日本原産という意味ではないですね。60cm水槽であれば150wのヒーターを使ってください。・・・(略)」


やっぱり、何の予備知識もなしでネットショップで衝動買いするとこうなりますよね。
生き物を飼育する前の情報収集が如何に大切かを痛感させられる場面でした。

長い前置きからも分かるとおり、今日も用事のついでに観賞魚コーナー(ホムセンです)を覗き、サイアミーズとナンシアンを購入。また購入ネタだ・・・。

まずサイアミ
a0183301_1502747.jpg

サイアミーズフライングフォックスです。意外にも、この魚はそれほど流通量が多くありません。私がアクアを始めたときは専門書でも紹介されておらず店でも全く売っていませんでした。ポピュラー種になってからまだ5,6年くらいしかたってないような気もしますが・・・。


こいつはなかなかひねくれもので数種類の偽者が「サイアミーズフライングフォックス」の名で売られているんですね。

一つ目の偽者は、縦じまが尾びれの手前ですとんと切れて、体が黄色っぽいもの。こちらは単にフライングフォックスと呼ばれることもあります。サイアミが大型化してもある程度はコケを食べるのに対して、本種は大きくなると急にコケを食べなくなります。偽者というよりは混同されてる感じですかね。

二つ目の偽者は、通称「ガラ」と呼ばれる全く別種のものです。数タイプいるようです。こちらも大きくなるとコケには見向きもしません。幼魚のときから全く食べないものもいるようです。

三つ目の偽者は「アルジイーター」と呼ばれる魚です。最近はサイアミに押されてきた感がありますが、アルジイーターとして売られている魚です。が、養殖場で混じったのか、サイアミの販売水槽で泳いでいるのをよく見かけます。アルジイーターは口が吸盤状になっているので、見分けるのは容易です。本種はサイアミよりもずっとでかくなるので、水槽には入れたくない魚です。本種も大きくなるとコケを全く食べない上に、他の魚に悪さをするので、飼育はもうこりごりですね。


あと、メインのロタラナンシアンの領域を広げるために、新たにロタラナンシアンも購入。
珍しく成長点がいじけていませんでした。
a0183301_1524987.jpg

念のため、下部の先端を切り落とし、100倍希釈したメネデール溶液に浸しておきました。
a0183301_1545021.jpg

メネデール、久しぶりに使うな~

メイン水槽も魚1種だけ追加したいな~
レッドファントムとかいいよな。どんなレイアウトにもあうし。
というわけで明日物色してきます。

↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
今日はやけに文が長かったね。。
[PR]
by ANI_1124 | 2011-02-13 01:59

しばらく様子を

コメントレスが遅れております。大変申し訳ありません。
本日中にはすべて行いたいと思っております。

まず、前回の続きのトラブルについて。
いや~やらかしてしまいました。

ミドボンのガス残量がもう4分の1になってます。
a0183301_185210100.jpg


設置当初はガス漏れがないことを確認しましたが、約3週間前に思い当たる出来事が・・・
通りで息が苦しいと思ったよね。CO2の分子量は44で、空気の平均分子量28.8よりかなり重いため、CO2ガスは下にたまり、ドアの開け閉め等で自然に拡散していきます。

書くと長くなるので出来事の詳細は書きませんけど、きちんと漏れがないか確認することは大切ですね。

+++

先日予告したように、Be-softを使用してみました。
a0183301_1923677.jpg


添加前(換水時に使用する水道水)
a0183301_19124579.jpg

pHは7より高い値を示しています。(試薬=BTB溶液)

添加後
a0183301_19134982.jpg

PHは6.0付近を示しています。
うちの水道水は緩衝性が低いようで、一度の添加でpHが低下しました。

水槽水(添加数時間後)
a0183301_19145476.jpg

pHは6.6程度に落ち着きました。

H20+CO2⇔H2CO3(炭酸)⇔H+(水素イオン) + HCO3-(炭酸水素イオン)⇔2H+ + CO3-

添加の効果としては、水草の気泡が増えました。

pHを下げるということは酸(H+)が加えられたということですので、H+が減る方向に平衡が移動(ルシャトリエの原理)し、結果として水中のCO2が増えた状態で平衡に達したということですかね。

萎縮していたロタラナンシアンもテトラクリプトの追加で脇芽が元気に成長してきました。
a0183301_19293490.jpg

本種も低硬度の方が調子が上がります。

換水時はBe-softを添加してしばらく様子を見たいと思います。

↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
ナンシアンは意外と気難しいんですよ。。
[PR]
by ANI_1124 | 2011-02-09 20:01

とてもいい感じ

先日、用事のついでにショップに行ってきましたが、購入報告は見ててつまらないと思うので急遽別のネタを探しました。大したネタはないですけどね。

グリーンブライティSTEP3とDo!aquaのBe softを買ってきましたので、Be softの効果検証のみ次回以降の記事で紹介するつもりです。

+++

a0183301_1853281.jpg

混植水槽の茂みがとてもいい感じに出来上がってきました。

ミリオフィラムエラチノイデス
a0183301_18542774.jpg

マトグロッセンセと違い縦にまっすぐ伸びていきます。
侘び草からよく出てくる葉のふさふさしたミリオフィラムはミリオフィラムプロピンキウムという長期維持の難しい種類です。

奥のキクモ(アンブリア )も順調に育っています。
a0183301_18565776.jpg

日本産のキクモは良く出回っている東南アジア産と比べて強健ですね。節間も詰まっています。
また、トリミングをしなくても良く分枝するようです。


+++

なんとなく、水槽スペースを撮ってみた。
a0183301_197769.jpg

a0183301_1972211.jpg


ここで、一つアクシデントを発見。私みたいな人にありがちかな。
詳しくは次回で。

↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
短!!
[PR]
by ANI_1124 | 2011-02-07 19:23

タイトル決めって難しい

タイトル決めって難しい。
私みたいにごちゃごちゃな記事を書いた場合は特にそうですね。

まぁそれは置いておいて・・・

先日のプレゼント企画はたくさんの応募ありがとうございます。
集計を済ませて、当選者(ブロガー、非ブロガーより各1名)も決定しましたが、発送まで少し時間がかかりそうです。
発送が完了しましたらまたお知らせします。

魚の写真を久しぶりに撮ってみた。
a0183301_18413935.jpg

a0183301_18415922.jpg


今のところ一番の長寿はロージィテトラ。お迎えして3年ほどたってます。
最近までブラックネオンテトラの6年が最年長でしたが、少し前に天寿を全うしてしまいました。

この水槽はハイフェソブリコン系のテトラが3種入ってますが、やっぱりフィンスプレッディングしている姿を見るとほんと癒されますね。ただし、レモンテトラは草食性がかなり強いので好きではありません。
a0183301_18514098.jpg

ロージィテトラなんかはよくオスとメスが寄り添っていますが、pHが少々高いため産卵は未確認です。

pHが7.0付近と高いためドロップチェッカーの色も青緑色です。
a0183301_1985517.jpg

水草の成長もゆっくりで管理もしやすいのですが、pHが高くても勢いが止まらない水草があります。

インレーロタラ
a0183301_1910535.jpg

インレー湖産のロタラです。インレー湖はレッドフィンレッドノーズの産地として有名ですが、弱アルカリ性でpHも高いようです。それを考えると納得ですね。

+++

第二水槽にオークロを追加しました。
a0183301_19145442.jpg

最終的にオークロ一面の前景になると思われます。

a0183301_19154050.jpg

さらに今日、モサモサに伸びたモスをトリミングしておきました。

モスつながりのあにの水草豆知識で今回は締めたいと思います。

ウイローモスは「凹凸のある面に活着しやすい」と紹介されますが、
あれは全くのウソだと思うんですよね。

皆さんこんな経験ないですか?
「ウイローモスが根元からベラーッとはがれてしまった・・・」
私もあります。溶岩石なんかを使うと、よくあります。

今回はこうなりにくい活着方法の紹介です。

準備するもの
a0183301_19193069.jpg

ウイローモス
表面のつるつるした石(川石がベスト)
釣り糸

ウイローモスは枝分かれしているモスを少しだけ使います。
a0183301_19234624.jpg


石の表面が見える程度にごく浅く巻き付けます。
a0183301_19263935.jpg

木綿糸だと完全にモスが活着する前に溶けてしまうので釣り糸を使います。

こうすれば石とウイローモスがうまく密着し、がっちり活着します。
活着の強さは尋常ではありません。剥がそうとしても、歯ブラシでこすらなければ完全には剥がせません。それくらい強く活着してくれます。

つるつるした川石に釣り糸で巻き付けるのが少し難しい作業ですが、私は石に活着させる際はこの方法を採用しています。


今回はウイローモスの活着のさせ方でしたが、意外と知られていないような豆知識をこれからも提供できたらと思います。

↓ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
今日も記事が無駄に長くなってしまった。。
[PR]
by ANI_1124 | 2011-02-05 19:38